【王座戦】鈴木大介九段が行方尚史八段に勝ち、二次予選準決勝進出 ~ 2ch名人

i2chmeijinad.png

【王座戦】鈴木大介九段が行方尚史八段に勝ち、二次予選準決勝進出

王座戦二次予選  ● 行方尚史  鈴木大介 ○

131-02_20190131210143184.png
https://www.shogi.or.jp/match/ouza/


鈴木大介の振り飛車のススメ (NHK将棋シリーズ)
鈴木 大介
NHK出版
売り上げランキング: 316,582
[ 2019/01/31 21:05 ] 王座戦 | CM(18) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |


スポンサーリンク

コメント一覧
  1. 2019/01/31 (木) 21:08:15
    理事が勝った。
  2. 2019/01/31 (木) 21:11:42
    行ちゃん 残念
  3. 2019/01/31 (木) 21:18:49
    D介「行方、振り飛車党をナメるなよ」
  4. 2019/01/31 (木) 21:21:11
    マジか
  5. 2019/01/31 (木) 21:31:45
    振り飛車に負けとるやんwww
  6. 2019/01/31 (木) 21:31:53
    なめかた先生マジですか〰
  7. 2019/01/31 (木) 21:35:07
    このへんの世代はほんと誰が誰に勝つやら分からんな
  8. 2019/01/31 (木) 21:40:46
    なめちゃんは先週の振り飛車なんて怖くないを見そびれちゃったのが敗因だな
  9. 2019/01/31 (木) 21:50:26
    不利飛車は不利じゃない可能性がるって、最近ソフト開発者がいっとったな。
    果たして、時代はどう変わるのか?
  10. 2019/01/31 (木) 21:54:07
    ※9
    各将棋ソフトがことごとく不利飛車と判断してたのが誤りだったって、
    どういう場合だと起こり得るんだ
  11. 2019/01/31 (木) 21:56:16
    居飛車ばっかり見てるから飛車が2筋にいない場合の評価関数があやしいそうだ
  12. 2019/01/31 (木) 22:00:33
    行方が踏み込んだところに勝ちはなかったのか気になるな
  13. 2019/02/01 (金) 00:09:30
    ※10
    ※9ではないが、最近のソフトは振飛車(例えば四間飛車)にした時点の評価値と、その勝率の相関関係が、相居飛車のときの評価値と勝率の相関関係より歪な可能性があるのではと言われている
    仮に四間飛車対居飛車の開始局面が-100だとして、これも仮にだが評価値的には45%ぐらいの勝率になるはずの局面から始めても、互角に近い数字になったりする
    つまり振り飛車の形を不当に低く学習してしまっている可能性があって、今のソフトの評価関数が正確な関数とは言えないのではないか、という話らしい
    実際のところはまだよくわかっていない
  14. 2019/02/01 (金) 03:59:54
    ハハッ ワロス
  15. 2019/02/01 (金) 07:42:45
    ※13
    わかりやすい
    振り飛車の最後の希望の星、ハニーワッフルはめっちゃ強いしな
  16. 2019/02/01 (金) 07:59:07
    D介もA級の時はほんと強かったんだぞ
  17. 2019/02/01 (金) 10:06:40
    振り飛車の序盤でソフトの評価値がいきなり低いのって
    対人戦では意味なくない?そこからソフト同士だと不利なのかもだけど、
    人間はそう指せないわけで。むしろ角換わりの研究ばかりに時間かけてる
    相手の研究が振り飛車だと活きないメリットのが大きいとかないの?
  18. 2019/02/01 (金) 13:45:50
    振り飛車党の命運は菅井先生にかかっている
コメントの投稿
  

  


  

 ※禁止ワード「http://」 URLを書き込む場合、「ttp://」でお願いします。