消えた天才、神様・羽生善治が勝てなかった天才追跡!! ~ 2ch名人

i2chmeijinad.png

消えた天才、神様・羽生善治が勝てなかった天才追跡!!





404:名無しさん@恐縮です:2018/10/19(金) 19:12:42.01 ID:Ls9zxnDg0.net
子供の頃一回戦って負けたというだけで一度も勝てなかったって煽るのはなあ
確かに間違いではないけど


406:名無しさん@恐縮です:2018/10/19(金) 19:15:00.92 ID:2fXlURgY0.net
>>404
そういった意味じゃ俺も羽生に負けたことない。


430:名無しさん@恐縮です:2018/10/19(金) 20:34:33.05 ID:5hkHxuWh0.net
先崎だって小学生のときは羽生より天才って言われてたな


447:名無しさん@恐縮です:2018/10/19(金) 23:32:18.19 ID:iA8LhYU40.net
少年時代天才、成人したらだめってどんな世界にも必ずいるね


459:名無しさん@恐縮です:2018/10/20(土) 00:16:53.47 ID:7tLtg3jm0.net
これ今でいうと藤井七段が奨励会に行かずプロをあきらめたようなものかな?


468:名無しさん@恐縮です:2018/10/20(土) 06:25:07.40 ID:zsMb1syH0.net
小学4年で優勝してる子供(渡辺、佐々木など)もいるから、
小学6年で羽生を破ったといってもなあ・・・。


475:名無しさん@恐縮です:2018/10/20(土) 09:49:04.65 ID:uLr/PyXe0.net
四段昇進がどれだけ鬼畜かってのがねえ。。。
上がっても修羅の道だけど、あっという間に七段まで駆け抜けている奴がいるらしい
屋敷の記録が塗り替えられる日が来る公算が高いw


477:名無しさん@恐縮です:2018/10/20(土) 10:07:21.85 ID:b8Gt5NiW0.net
興味の矛先が将棋から他に移ったんだろう
やはりルーティングと言うか、ずっと興味を継続させ続けるのも才能なんだろう
親からやめさせられたって話ならばもったいないが


478:名無しさん@恐縮です:2018/10/20(土) 10:10:59.27 ID:MHy5liNW0.net
好きこそ物の上手なれってのはホントそうなんだよね

続けなきゃ意味がない
技術も基礎知識も追い付かない


481:名無しさん@恐縮です:2018/10/21(日) 19:18:13.72 ID:QtYcJ4660.net
特に壮絶でも何でもなかったねw
離婚三回くらいw


483:名無しさん@恐縮です:2018/10/21(日) 20:25:03.63 ID:nvHWULoQ0.net
逆に言えば、3回も結婚できたってことかww


482:名無しさん@恐縮です:2018/10/21(日) 19:27:50.72 ID:inx4ebXD0.net
羽生が小学生のころ敵わなかった天才と言えば先崎だな
大会で当たるたびに負けてたらしい
羽生が大会で優勝できるようになったのは先崎が奨励会に入って
大会に出てこなくなってからと聞いたことがある


486:名無しさん@恐縮です:2018/10/21(日) 21:14:39.42 ID:WBlduNIV0.net
見逃した(´・_・`)
結局将棋の道に進まん勝った理由は何やったん?


488:名無しさん@恐縮です:2018/10/21(日) 21:23:34.00 ID:nvHWULoQ0.net
>>486

プロに興味がなかったから将棋辞めた


489:名無しさん@恐縮です:2018/10/21(日) 21:27:59.56 ID:WBlduNIV0.net
>>488
ありがとう
羽生さんの一番の才能はやっぱり将棋に対する飽くなき探究心なんやろな~


487:名無しさん@恐縮です:2018/10/21(日) 21:21:26.86 ID:77+K7lGS0.net
人は苦労して手に入れた物には執着する
そこまで必死にならなくても勝てた将棋には飽きた
嫁にも逃げられた
釣った魚には餌をやらないタイプだった


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539918939/
将棋世界Special愛蔵版『永世七冠 羽生善治のすべて』 (マイナビムック)
将棋世界編集部
マイナビ出版 (2018-02-27)
売り上げランキング: 29,510
[ 2018/10/21 22:30 ] メディア | CM(67) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |


スポンサーリンク

コメント一覧
  1. 2018/10/21 (日) 22:34:48
    最近だと三段リーグで次点持ちだったけど、21歳くらい?で辞めた人おったような。
    あと昔だとおゆきのお弟子さんで、有望だったけど医者?になるために辞めた人もおった記憶ある
  2. 2018/10/21 (日) 22:39:24
    この手の番組はタイトルがハデなだけで内容は薄い。
  3. 2018/10/21 (日) 22:39:30
    5chにも以下まったく同じことを書き込んだけど
    うろ覚えだけども高谷さんが最後に言ってた
    「後悔がある、とは言えないですね。
    (自分が将棋から離れていた間も羽生さんは努力を続けていたので)」
    とかいう台詞が心に染みた
  4. 2018/10/21 (日) 22:49:07
    プロを目指さなくて正解だったよ。
  5. 2018/10/21 (日) 22:54:48
    羽生さんが10回対局して一度も勝てなかったとかならこのタイトルでも納得できるんだけどね
  6. 2018/10/21 (日) 22:56:17
    元奨三段の和田澄人氏を思い出した
  7. 2018/10/21 (日) 22:58:18
    羽生さんと1回だけ当たって勝って引退したプロ棋士が数人いたよな?

  8. 2018/10/21 (日) 22:58:45
    ※1
    その元三段は数年前から親と師匠で話し合っていて期限を決めていたと将棋世界?に書いてあった
    あと去年も小学生名人戦で優勝した(同大会で増田康が3位)20歳の三段が自主退会した
  9. 2018/10/21 (日) 22:59:19
    そもそも羽生さんは将棋始めたてのころは弱かったって話しだし
  10. 2018/10/21 (日) 22:59:25
    ※5
    それだけ羽生さんの一般に向けてのネームバリューが高いということでまあ
  11. 2018/10/21 (日) 23:00:34
    わかる人がいないかもしれないが、ぷよぷよだとsetaさんみたいなものか?

    今だとすでにミスケンさんが「今まで本格的にやっていたら…」っていう立場なのかもしれないけど。
  12. 2018/10/21 (日) 23:00:58
    羽生さんとの対局の場を用意すべきだったろ。
    テレビ局ならそこまで録ってから放送しろよ。だからつまんねーとか言われんだよ。
  13. 2018/10/21 (日) 23:03:05
    ※3
    羽生さんがひふみんや有吉・内藤先生なんかを見て情熱を持ち続けられることこそが偉大な才能だと感じたのと同じだな。多くの人間がガス切れで途中で止まってしまう。
  14. 2018/10/21 (日) 23:05:57
    見逃して後悔してたけどやっぱり峰王見てたほうが価値あったな
  15. 2018/10/21 (日) 23:06:33
    天才天才言ってたけど…
    努力しない天才はいない
  16. 2018/10/21 (日) 23:10:19
    ※13
    リスペクトの仕方に熱くなったし
    翻って改めて我々凡人から測れば大抵の事ではないのだろうなと想像した
  17. 2018/10/21 (日) 23:14:05
    つまんなかったね
  18. 2018/10/21 (日) 23:16:53
    先崎は竜王戦三番勝負を経験してるしNHK杯優勝、A級在位経験などどう考えてもトップ棋士だったからこの類で紹介されるのはおかしい
  19. 2018/10/21 (日) 23:16:59
    この番組、レギュラー化するより従来通りSPでたまにやる方が面白いと思う
  20. 2018/10/21 (日) 23:18:46
    一二三や有吉くらいになると負け数すら勲章になるからなあ
    継続できることの偉大さを感じるわ
  21. 2018/10/21 (日) 23:19:32
    将棋漬けになったのは小6から、プロを目指したのは中学生になってから
    大山や升田や山田などの昔の将棋は一切勉強してない、定跡もロクに知らない
    こんな状態で四段になった超天才棋士・羽生善治
    そのため、デビュー当初は序盤・中盤が未熟で作戦負け→必敗の状況になる事が多かったが
    異常とも言える終盤力でことごとく逆転して8割超えの勝率を叩き出してた
    伸びしろの塊だった羽生が爆発したのは22歳からだから、羽生は意外と遅咲きの方なのかも知れない
  22. 2018/10/21 (日) 23:21:25
    ご多分に漏れずこの手の元天才少年はいくらでもいる。
  23. 2018/10/21 (日) 23:23:02
    将棋ネタに関してはちょっと期待ハズレ
    その後のスピードスケート選手から競輪選手に転身した人の話はすごく感動した
  24. 2018/10/21 (日) 23:26:11
    藤井聡太に初対局で勝てたとして,そこで引退すると勲章に…?
  25. 2018/10/21 (日) 23:44:23
    21

    羽生が図巧や無双を解いたのは高校生になってからと言っていた。
    それもえらい時間がかかったみたい。だから晩学かもしれない。
    聡太は小学生で解いたと事も無げに言っていたが。
  26. 2018/10/21 (日) 23:45:34
    ああこれ芸スポのまとめだね
  27. 2018/10/21 (日) 23:57:09
    羽生さんも最初はプロを目指してなかったんしょ。確か何年か前のインタビューで聞いたような。

    奨励会に入るころはプロ棋士になると言うことがどういうことか、将棋を生業とすることがどういうことか、もっと言えば働いて家族を養うということすらわかってなかった。小学生だから当然ですが。
    奨励会は将棋の強い子が集まってると聞いておもしろそうだから入った。しかしプロを諦めて退会していく仲間を見て、ただ楽しく将棋を指すだけでないと知った。
    奨励会で昇段していき四段が近づくとだんだんプロを意識するようになったが、それでもプロ棋士になれなかったら他の仕事をすればいいと思っていた。
    プロ入りした時、天才中学生棋士として注目されていたが、あくまで将棋界の中の話で、世間ではそれほどでもなかった。19歳で竜王をとった後、爆発的に取材が増え、自分の言動や行動が細かく報道されるようになり、プロとしてしっかりしなければと思った。ある意味本当にプロ棋士になる覚悟ができたのはその時だと。

    うろ覚えだけど、そんな内容だった。
  28. 2018/10/21 (日) 23:58:05
    プロにならなかったというだけで下げてくのはどうかと
  29. 2018/10/22 (月) 00:05:58
    先崎かと、、、、、、、、、、、
  30. 2018/10/22 (月) 00:14:11
    「『羽生さんに直接勝った人を1、羽生さんに勝った人に勝った人を2…として、自分が将棋で勝った相手を何人たどったら羽生さんに辿り着けるか』という羽生数を提唱したら、酔っ払った木村一基がそこらへんのアマチュアに負けまくるもんで羽生数2の安売りして困った」って先崎の話が面白すぎた
  31. 2018/10/22 (月) 00:27:21
    プロに興味なかったからふつうの中学生活を送っていた
    羽生の中学生棋士のニュース見て自分もやろうと発起した
    でも中学三年間将棋をしてなかったのでもうまったく追いつけなかった

    情熱こそが才能
  32. 2018/10/22 (月) 00:53:20
    藤井に勝った少年編もきそうだなw
    藤井負けてるのにまだテレビ局の人間が気付いてないだけか
  33. 2018/10/22 (月) 00:59:54
    10回とまではいかんけど、最低3回はやって勝てなかったレベルの人ならな
  34. 2018/10/22 (月) 01:48:20
    普通に村山聖で番組つくればいいのに変に新しいことしようとしたんか?
  35. 2018/10/22 (月) 05:40:09
    喋り方が羽生さんに似てた
  36. 2018/10/22 (月) 06:53:28
    もしや元天才!?
  37. 2018/10/22 (月) 07:59:02
    上村「聡太に勝った天才棋士の番組はまだか」
  38. 2018/10/22 (月) 08:16:00
    25
    聡太すげえな
  39. 2018/10/22 (月) 08:16:17
    佐々木勇「才能あっても努力しなきゃ大成せんで」
  40. 2018/10/22 (月) 08:47:38
    5歳くらいで将棋に出会った棋士が多い中で羽生さんは小6、12歳くらいだっけ?
    将棋始めて3年くらいでプロになったってすごくない?
  41. 2018/10/22 (月) 08:51:55
    棋譜残ってないの
  42. 2018/10/22 (月) 09:11:07
    ※40
    それはにわかすぎ。
    小一で友達に教えてもらって、小2の時から道場通ってるよ。
    遅いでいえば藤井井九段は小4の時、森九段は高1の時に将棋を覚えた。
  43. 2018/10/22 (月) 09:45:30
    藤井井九段 初登場~www
  44. 2018/10/22 (月) 11:17:53
    森九段はほんまもんの天才やろ
    小さい頃から将棋漬けの人間たち相手によくあそこまで差をつけたもんよ
  45. 2018/10/22 (月) 11:57:49
    100人指しで勝った子供「羽生は一度も俺に勝てなかった」
  46. 2018/10/22 (月) 12:02:49
    1度も谷川先生、森内先生、羽生先生に負けたことがない俺すごいかも(笑)

    (指したことも無いが)
  47. 2018/10/22 (月) 12:06:21
    それで言うと長沼こそ羽生が1回も勝てなかった天才棋士だろう。
  48. 2018/10/22 (月) 12:26:43
    羽生にダブルスコアで100敗以上してる人とかの方がはるかに価値が高いんだよなあ。
  49. 2018/10/22 (月) 12:37:27
    この番組、毎週日曜放送のレギュラーになったんだ
    追跡されたくない人もいるだろうしレギュラーじゃネタが早々に尽きそう
  50. 2018/10/22 (月) 13:24:24
    ※48
    佐藤さんの生涯の負けの2割が羽生さん、羽生さんの負けの1割が佐藤さんみたいな感じだっけ
  51. 2018/10/22 (月) 14:00:00
    ※40
    ※42
    確かに覚えたのは小1の頃で道場通い始めたのは小2からなんだけど
    羽生さんの実家は山奥で、家族で週1で買いだめに行くときに2時間ほど羽生さんを道場に預けてた程度らしい
    託児所みたいなもんだね
    羽生さんは小学生の頃は将棋よりもサッカー漬けだったと語っております
    なので、本格的に将棋漬けになったのは小6で奨励会に入会したあたりからという事になりますね
  52. 2018/10/22 (月) 15:24:09
    ここで藤井井井九段から一言w
  53. 2018/10/22 (月) 15:36:16
    内容はそこまでだったけどインタビューに答える畠山成八段が見られてよかった。普段この手の番組には絶対出ない人だろうし。あと一般知名度ないから仕方ないんだけど佐藤九段が軽く扱われてて悲しかった。
  54. 2018/10/22 (月) 15:45:23
    いやいや。小六で奨励会に入ったとしても、やっぱり学校の勉強と並行してたわけだから、すべての時間を将棋に使ったわけではないですね。
    なので、本格的に将棋漬けになったのは、高校を中退した17歳あたりから、ということになりますね。
    そして、そこから二年で頂点に立つ羽生さんはやはりすごい。
  55. 2018/10/22 (月) 17:09:52
    ※54
    中退じゃなくて通信制高校に転入ですね
    なので、18歳までは高校通ってますよ
    高校生の時に学業と両立しながら最優秀棋士賞を受賞した年度は対局数が80局もあり4部門制覇でしたが
    逆に出席日数が足りなくなってしまい卒業決定会議というので落とされたそうです
    …憐れ、ヨシハル
  56. 2018/10/22 (月) 17:35:26
    51
    いや、子供のころから将棋漬けだったろ
    母親が「もっと将棋以外のことにも興味をもってほしいのですが、何を勧めてもすぐ将棋に戻ってしまいます」
    と言ってる
    小学生のとき、朝起きるとまず新聞の将棋欄を読み、学校から帰ると二階の自室に閉じこもりずっと将棋の本を読み耽り、夕食の時にもすぐ近くに詰将棋の本があっただってさ
    サッカーの方が熱心だったというのはどこ情報?
  57. 2018/10/22 (月) 17:54:34
    ※56
    ほい
    ttps://diamond.jp/articles/-/52738
    ttp://gennai365.xsrv.jp/post-499/
  58. 2018/10/22 (月) 17:58:08
    羽生世代というか団塊ジュニアたくさん人口いたからな
    小学生の時に天才でも高校、社会人で凡人になった人は山ほどいる
  59. 2018/10/22 (月) 18:04:48
    学校の休み時間ではサッカーをやってたというだけで、
    将棋よりサッカー漬けだったというのは曲解しすぎだな
    家では将棋ばかりだったらしいし
    てっきりサッカーを習ってたのかと思った
  60. 2018/10/22 (月) 19:16:01
    俺も詳しくないけど、wiki見ると小2の時に毎週末道場に通いだして、小2の時17級スタートで小3でアマ初段、小4でアマ四段、小5でアマ五段になってる。
    大会も小2からでてる。
    小5の時に奨励会入りたかったけど、先生に小学生名人になってからと言われて小6の春に小学生名人。
    明らか小さい時から道場通えない日は本読んだり、棋譜並べたりして将棋漬けの毎日やろ。
  61. 2018/10/22 (月) 20:16:41
    「勝負師と冒険家」という本にも小学生時代について書かれてる
    「いつもはだいたい外で遊んで、土曜日は将棋道場に行くという、そういう生活でした」と発言
    低学年までは外遊びがメインだったが高学年からは夢中で将棋をやるようになっちゃったとの事
    んで、将棋中心の生活になったのは小6のときで奨励会に入るようになってから とね
  62. 2018/10/22 (月) 22:32:13
    通ってた都立高卒業させてくれなかった話

    https://shogipenclublog.com/blog/2012/04/02/羽生善治五段(当時)の卒業/


  63. 2018/10/22 (月) 23:23:08
    奨励会に入る前 故原田九段に二枚落ちで負けたと観戦記にあった
  64. 2018/10/23 (火) 00:31:12
    11
    setaとミスケンはまじで天才
    今の水準から見ると、いかに当時抜きんでた存在だったのかがわかる
  65. 2018/10/23 (火) 13:39:02
    藤井井井井九段、流行りそうだな
    どういう基準で、「井」の数を増やせばいいかなぁ
    あんまり増やしすぎると、草生やすなじゃなくて、井戸掘るなとか井戸掘りすぎとかになるのかなぁ
  66. 2018/10/23 (火) 22:07:31
    元天才と言えば藤田綾とその弟。
  67. 2018/10/28 (日) 00:20:44
    村山聖かと
コメントの投稿
  

  


  

 ※禁止ワード「http://」 URLを書き込む場合、「ttp://」でお願いします。