「電王戦」5年間で人類は何を目撃した?  気鋭の文化人類学者と振り返るAIとの激闘史 ~ 2ch名人

「電王戦」5年間で人類は何を目撃した?  気鋭の文化人類学者と振り返るAIとの激闘史



456:名無し名人 :2017/05/17(水) 17:32:53.43ID:2jLgrlIV0.net
「電王戦」5年間で人類は何を目撃した? 気鋭の文化人類学者と振り返るAIとの激闘史。
そしてAI以降の“人間”とは?【一橋大学准教授・久保明教氏インタビュー】
http://news.denfaminicogamer.jp/interview/kubo_ai

以前に千田と対談した久保氏へのインタビュー。
とても長いけどコンピュータ将棋的には知られている3ページ目よりも、
現代をゲームの視点から語る4ページ目が新鮮かな。


737:名無し名人 :2017/05/20(土) 23:11:21.54ID:q12Bm6Yv0.net
>>456
最高におもろかった!いいもの紹介してもらった ありがとう!
インタビュアーも誰か知らんが鋭い人だね


http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/bgame/1494640642/
ロボットの人類学―二〇世紀日本の機械と人間
久保 明教
世界思想社
売り上げランキング: 373,973
[ 2017/05/24 11:30 ] メディア | CM(44) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |


 
コメント一覧
  1. 2017/05/24 (水) 11:42:58
    なげーよ!
  2. 2017/05/24 (水) 11:52:25
    この久保って人が何か怪しい
  3. 2017/05/24 (水) 12:07:26
    長すぎワロタ
    内容は面白そうなんで、今度じっくり読む
  4. 2017/05/24 (水) 12:10:00
    ちゃんと電王戦の状況(スペック制限など)や将棋界を理解したうえのインタビューなので読む価値あるよ。
  5. 2017/05/24 (水) 12:13:47
    久保明 教氏

    教師先生、なんかすんごい名前ですね
  6. 2017/05/24 (水) 12:17:00
    学者の先生から見た電王戦や将棋ソフトの進化が書かれてるが
    凄い勉強になった。

    じっくり読む価値あるいい記事
  7. 2017/05/24 (水) 12:19:18
    ちなみに糸谷とも対談してる。
    そっちも面白い。
  8. 2017/05/24 (水) 12:28:00
    恐怖や親しみの対象が動物からAIになっただけ
    というのは面白い考えだった
  9. 2017/05/24 (水) 12:28:12
    これ良い記事だったね
    電王戦について、レギュレーションの変更、推移に注目してるのは面白い着眼点だと思った
  10. 2017/05/24 (水) 12:30:11
    囲碁は将棋の数百万倍複雑。
    その囲碁で負けたよ。
  11. 2017/05/24 (水) 12:30:21
    当時の三浦八段がめっちゃカッコよく見えたゾ
    PC数百台と戦うとか......
    囲碁はボードゲームとして宇宙と言われていたがソフトによって定跡そのものが破壊される
    将棋はプロ棋士の棋譜と定跡で人間が更に強くなる未来がみえただけ運が良かったよね
    羽生世代が定跡整備していなかったら昭和の将棋......結果的に今と全く違うソフトの強さだけが見えたはず
    そう言った意味でも羽生世代が残してきたモノは大きかったと思う
  12. 2017/05/24 (水) 12:32:31
    >同世代の棋士には森内俊之・藤井猛・佐藤康光などトップクラスの実力者が集中しており、

    そこに並べる棋士が郷田さんとか丸山さんではなく、藤井てんてーというのが新鮮だった
  13. 2017/05/24 (水) 12:57:04
    読んでて、加藤先生のコンピューターは熱に弱いからストーブをあてるって言ってたのを思い出したわ。

    会場含め笑われてたけど、
    本当に勝負師としての感覚だと思う。
  14. 2017/05/24 (水) 13:10:51
    勉強になった、とは軽々に言えない内容のもので、どこまで理解できたかわからないけれど、
    良い読み物だった、と思う。
  15. 2017/05/24 (水) 13:16:01
    船江が八段になってるな
  16. 2017/05/24 (水) 13:35:42
    千田のロングインタビューと合わせて、なかなか読み応えのある記事だったわ
  17. 2017/05/24 (水) 13:53:03
    >最新の義足を装着したアスリートがウサイン・ボルトを抜く光景を、私たちは手放しには賞賛できない

    真摯な記事で交換が持てる。鋭い切れ味やわ。
  18. 2017/05/24 (水) 14:03:39
    見た目が


    胡散臭い
  19. 2017/05/24 (水) 14:51:03
    この人を見ると一旦脳が「佐々木健介かな?」を経由する
  20. 2017/05/24 (水) 14:55:20
    面白い記事だと思う
    学生時代右も左もわからずただ面白いからってんで
    宮台真司とか上野千鶴子とか、あのへんの本読んでた感覚を思い出した
  21. 2017/05/24 (水) 14:59:48
    ポストモダン系の学者って時点でね…
    統計学、ビッグデータ、機械学習の粋を極めた今の人工知能について
    ノーエビデンスのフーコーだポケモンだいわれても無駄な文章の尺稼ぎとしか思えない
    インタビュワーはそういう胡散臭さにけっこうつっこんでる感じだけど
  22. 2017/05/24 (水) 15:13:50
    面白い記事だった
    紹介されていた「森は考える」って本も面白そう
  23. 2017/05/24 (水) 15:25:18
    ※21
    学問に詳しくないんでそこらの概念や人名にはついていけないが
    ただ個人的には
    オタクがゴタク並べてんなあと思う箇所も多々あったのと同時に
    下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるじゃないが
    切り口や見方組み合わせ方の斬新さや面白さも随所に感じられたというのも事実
    文章って同じ事語らせても人それぞれだし人間が出るもんだなーと改めて
  24. 2017/05/24 (水) 15:57:16
    「正しい記事」かどうかは分からないが、間違いなく「面白い、示唆に富んだ記事」ではあった
    そもそも文系学者の話に理系的な正しさ(状況証拠ではないエビデンスはあるのか?みたいな)を求めるのはお門違いじゃないかな。
    煽りではなく文系学問ってそういうものじゃないかと
  25. 2017/05/24 (水) 16:04:04
    うんうん
  26. 2017/05/24 (水) 16:28:31
    永瀬さんが、相手のロジックの内側に入り込んで首を捻じ曲げて殺した、という風に見えたって感想すごいね。
    Eureka Project 内部観測ってページのE!6と8のpdfに千田翔太、糸谷哲郎両氏へのインタビューがある。
  27. 2017/05/24 (水) 17:16:20
    アホ丸出しの俺様がサッと呼んだ感想は、ポケモンおもしれーってことでおk??
  28. 2017/05/24 (水) 17:51:32
    人工知能の記事もっと見たいなあ
  29. 2017/05/24 (水) 18:37:27
    AIは凄いな。
    保木本さんが開発したボナンザと人工知能が気高いのは分かった。
    それ以外の開発者は総じて功名心のみでデリカシーがない。

    開発者は楽だよな。
    名人に勝つには才能と並々ならぬ努力が必要だが、計算ゲームでAIが勝手に学習して強くなってくれるんだから。
    コンピュータが人間に勝って当たり前。
  30. 2017/05/24 (水) 18:38:21
    米長の6二玉で始まり、ポナの4二玉で終わるなんてねえ。電王戦素晴らしかった。
  31. 2017/05/24 (水) 18:40:53
    お前らエルモ、エルモって言ってるけど、elastic monkeyっていうのは、発音記号を見てみろ。
    イラスティック マンキー
    が正解だ。つまり、elmoはすなわち、
    イラマ
    と略される。いいか、繰り返すが、エルモではないイラマだ。

    俺はエルモちゃんって呼んでるけどな。
  32. 2017/05/24 (水) 19:32:00
    久保利明?
  33. 2017/05/24 (水) 19:53:37
    そうだよ
    永瀬は練習でのSeleneとの勝率は1割と言っていた
    本番でその1割を引いたにもかかわらず角不成を選んだんだよな
    そのまま普通に指せば正々堂々と自分の将棋で勝ったと誇れたはずなのに
    やっぱり永瀬は怖い
  34. 2017/05/24 (水) 20:00:29
    読みごたえがありました
    引きこもりの私も未来の社会の有り様について考えたくなってしまったよ
  35. 2017/05/24 (水) 22:13:00
    文化人類学者って社会の何の役に立つんですかね?
    甚だ疑問なんだけど。
  36. 2017/05/24 (水) 22:27:03
    ※35
    お前さんよりは役に立ってるだろ?
  37. 2017/05/24 (水) 23:00:44
    社会の役に立ってる職業なんてゴミ収集車のおじさんぐらいしかいねーよ
  38. 2017/05/24 (水) 23:15:49
    >>35
    あんまり考えたくないケースではあるけど、例えば異民族
    と戦争する時に、相手の何が違って何が共通しているかを
    理解していると、色々と有利になるし、落としどころも
    つけやすくなるので皆殺しになるまで継続とかしないですんだり
    する。
  39. 2017/05/24 (水) 23:27:06
    んなこと言ったら棋士も別に社会の役には立ってないからなあ
  40. 2017/05/25 (木) 00:22:52
    地味に羽生さんの著書とのコラボ企画なんだよねこの記事w
    一番最後に申し訳程度に書かれてるから目立たないけど
  41. 2017/05/25 (木) 06:17:37
    なんだこれ
    見当違いもいいところやんけw
    はぁーー(くそデカため息)
  42. 2017/05/25 (木) 08:25:04
    ※35
    物事を言語化・相対化して捉えるという視点、もしくは方法を得ることで
    自分にとって本当に価値のあるものを
    漠然とした快・不快といった情動に流さることなく冷静に見据えるためのもの

    だと思う自分は
  43. 2017/05/25 (木) 09:45:27
    将棋界を外から見ていた学者が電王戦を総括した、ということに意味があって、しかも凄く凄く面白かった
    やっぱり学者というのは体系化して言語化するのが本当に上手いんだなぁ
    こういうまとめかたは棋士やプログラマーには無理だったろうなと思うもん
    インタビュアーも鋭いし、今のところこの人が一番わかりやすくまとめてくれているよ
  44. 2017/05/25 (木) 14:16:36
    対談はたいていはつまんないけど、この対談はマジで面白い。


    でも、長過ぎだよ!!

    最後まで読むヤツはほとんどいない!?(笑)
コメントの投稿
  

  


  

 ※禁止ワード「http://」 URLを書き込む場合、「ttp://」でお願いします。