【棋王戦】森内九段が片上六段に勝ち、3回戦進出 ~ 2ch名人

i2chmeijinad.png

【棋王戦】森内九段が片上六段に勝ち、3回戦進出

○ 森内俊之  片上大輔 ●  棋王戦

629-04.png
http://www.shogi.or.jp/kisen/kiou/42/honsen.html


813:名無し名人:2016/06/28(火) 20:42:26.84 ID:rGg5finQ.net
1分将棋はハラハラするねー


814:名無し名人:2016/06/28(火) 20:42:31.81 ID:YIVci0xj.net
感想戦楽しみ


816:名無し名人:2016/06/28(火) 20:48:02.48 ID:FicmOImQ.net
森内最強


817:名無し名人:2016/06/28(火) 20:50:34.39 ID:Bv8w5/o4.net
と金取られてどう見ても危ないからなあ なんで歩合いじゃなかったのか感想戦コメ待ち


818:名無し名人:2016/06/28(火) 20:56:22.80 ID:F87io9v7.net
ちゃんと入玉してから反攻すりゃ良かったのに


819:名無し名人:2016/06/28(火) 21:41:33.52 ID:hDvhoUjf.net
技巧で検討してみた。
入玉模様になってからもかなり際どい勝負だったようだ。
あそこで2四歩でも先手が少しいいみたい。
800の手順の後9九玉と早逃げして、7九角には7八金と引く。
先手に駒を渡すので後手玉も相当危なくなるってわけだ。

序中盤は森内がリードしていたのが、3七馬とされたところでは逆転。
その後は二転三転していて、どちらも優位を築くチャンスを何度か逃している。
例えば3三桂成に1三玉とするような手もあった。
最後は森内の運が勝った。


820:名無し名人:2016/06/28(火) 22:07:07.01 ID:hDvhoUjf.net
>>819
補足。

9九玉に7七銀成だと2八飛として詰んでしまう。
かなりきわどい勝負。


821:名無し名人:2016/06/28(火) 22:57:42.83 ID:YIVci0xj.net
ここらへんは運だなぁ
いい勝負だった
そして感想戦更新されん


822:名無し名人:2016/06/28(火) 23:58:29.69 ID:yqpriNFF.net
投了局面のコメントにある詰み筋、
▲2四竜△同玉▲2六香の順は△2五飛合で詰まないと出た。それ以外の合駒は全部詰む。
だからやっぱり△2四歩としてればまだ難しい勝負だったな。


824:名無し名人:2016/06/29(水) 05:57:40.75 ID:6K3JeKtL.net
>>822
「金合い以外全部詰む」と30秒で読み切ったアノ人を知ってると、
実力差ってこういう所で如実に出るんだと思い知らされるか


823:名無し名人:2016/06/29(水) 00:30:16.65 ID:uhuqDxL2.net
ほんとだ飛車以外だと詰むね


824:名無し名人:2016/06/29(水) 05:57:40.75 ID:6K3JeKtL.net
>>823
「金合い以外全部詰む」と30秒で読み切ったアノ人を知ってると、
実力差ってこういう所で如実に出るんだと思い知らされるか


http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/bgame/1458557878/
覆す力 (小学館新書)
覆す力 (小学館新書)
posted with amazlet at 16.06.29
森内 俊之
小学館
売り上げランキング: 129,979
[ 2016/06/29 11:05 ] 棋王戦 | CM(26) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |


スポンサーリンク

コメント一覧
  1. 2016/06/29 (水) 11:15:48
    流れは完全に森内
  2. 2016/06/29 (水) 11:17:20
    レスが二手差ししてて草
  3. 2016/06/29 (水) 11:18:24
    紅「森内?弱いよね。」
  4. 2016/06/29 (水) 11:29:12
    大事なことなので2度レスしました
  5. 2016/06/29 (水) 11:35:57
    824は米長に「30秒でよく読めるねぇ」と言わしめた羽生のこと
  6. 2016/06/29 (水) 11:56:24
    また30代が負けたか
    なにをやっておるのか
  7. 2016/06/29 (水) 11:57:06
    ※5
    相手は康光だったよね
    あの局面で金捨ての受けがあるなんて、自分だったら100年考えてもわからん気がする
  8. 2016/06/29 (水) 11:59:31
    序中盤うまく指していた森内がすんなり勝つかと
    思ったら、寄せきれずからの第2ラウンドが熱かった。
  9. 2016/06/29 (水) 12:10:29
    相手は渡辺だった気がするが
  10. 2016/06/29 (水) 12:12:20
    *5
    それはわかったけど、824は何が言いたいんだかさっぱりわからない。
  11. 2016/06/29 (水) 12:14:50
    ※7
    渡辺とやったいつかのNHK杯決勝だろ
  12. 2016/06/29 (水) 12:15:08
    全然関係ないとこでマンセーするからダルいって言われちゃうのにな
  13. 2016/06/29 (水) 12:58:41
    ※7
    君が言ってるのは金捨てだね
    康光とのNHK杯の相穴熊戦での終盤の▲9六金でしょ
    解説は加藤一二三だった

    824で言われてるのは「金合い」
    NHK杯決勝の渡辺戦での▲8四金
    4連覇20連勝がかかっていたからか、ラジオ解説が米長邦雄・谷川浩司・橋本崇載の3人で解説してた
  14. 2016/06/29 (水) 13:20:52
    橋本で草
  15. 2016/06/29 (水) 13:32:49
    ⬆出たあー!クサ
  16. 2016/06/29 (水) 14:00:31
    ※15は草が好きなの?
  17. 2016/06/29 (水) 14:25:12
    うん、いつも待ってるの♪
  18. 2016/06/29 (水) 15:05:04
    森内の力が落ちてきたと言っても、R30位迄に入っているトップ棋士ですわ。片上あたりの趣味棋士とは、根本的に棋力が違います。その辺に負けるようになってきたら、森内も終了確認ですわ。
  19. 2016/06/29 (水) 18:04:33
    ※18
    棋譜見てないのがまるわかりなコメント
  20. 2016/06/29 (水) 18:11:13
    ハブファンの一部はフィギュアのハニューファンと同系統だからしゃーない
    羽生 と 羽生以外
  21. 2016/06/29 (水) 18:48:30
    みんな機嫌悪いのか
  22. 2016/06/29 (水) 19:36:45
    天気悪いしな
  23. 2016/06/29 (水) 21:37:14
    6段とかザッコwww
  24. 2016/06/29 (水) 22:18:17
    やっぱり羽生の話になるんだな
  25. 2016/06/29 (水) 22:42:04
    モバイルで見てみたが面白かったよ
    双方ミスしあっての揉み合いだったのな
    森内これはラッキーてかツイてるわ
  26. 2016/07/03 (日) 08:08:03
    前田利家 天文7年-慶長4年(1539-1599):石川県

    前田利家(まえだとしいえ)は、加賀国(現石川県)の戦国大名。加賀藩主前田氏の祖。
    尾張国荒子城主(現愛知県名古屋市)利昌の四男として生まれた。前田氏は、菅原道真の後裔を名乗っているが、その出自は不明である。利家の家系は、荒子を領有した父利昌以前は詳しくわかっていない。

    13歳のとき、織田信長に小姓として仕える。短気で喧嘩っ早く、派手な格好が好きないわゆるかぶき者で、武勇にも長けていた。特に槍の名人で「槍の又左」と呼ばれていた(元服名の前田又左衛門利家から)。また、信長と衆道関係にあったことは有名である。

    21歳のとき、その生来の喧嘩っ早さから、茶坊主拾阿弥を惨殺して、出仕停止処分となり、浪人暮らしをした。その間、桶狭間の戦いに無断で参戦し、首級を三つ挙げたが、帰参は赦されなかった。23歳のとき、再び無断で森部の戦いに参戦し、「頚取足立」の異名を持つ足立六兵衛の首級を挙げ、ようやく信長に帰参を赦された。利家の浪人中に父利昌は死去し、前田家の家督は長兄利久が継いでいたが、31歳のとき、突然、信長より家督を継ぐように命ぜられる。利久には実子が無く、また病弱であったためであるという。

    36歳のときには柴田勝家の指揮の下、越前一向一揆鎮圧に従軍し、戦功を挙げた。そして、42歳のとき、能登七尾城主(現石川県七尾市)となり、能登23万石の大名となった。信長の死後、勝家と豊臣秀吉の間で後継者争いがおこり、両者の間でその立場に苦しんだものの、結局、利家は秀吉についた。

    隠居した後、秀吉から五大老のひとりに命ぜられ、嫡子秀頼の将来を託された。秀吉の死後、徳川家康らは秀吉の遺言を無視する行動があり、利家はこれに反発したが、自身の病状も悪化し、豊臣家の将来を案じながら没した。享年61歳。秀吉の死の翌年であった。

    信長の衆道相手を務めていたことからも知られるように、その容姿は、美貌に加え、残された着物から背丈6尺(およそ182cm)の大変見栄えの良い武将であったと言われている。喧嘩っ早く、槍の名手であった一方、機を見て敏な世渡り上手な面もあった。

    その後の前田家は、加賀国100万石を領し、明治維新には侯爵に列せられた。
コメントの投稿
  

  


  

 ※禁止ワード「http://」 URLを書き込む場合、「ttp://」でお願いします。