中村太地七段、9年目の命日・天国の師匠を偲ぶ ~ 2ch名人

i2chmeijinad.png

中村太地七段、9年目の命日・天国の師匠を偲ぶ






[ 2021/12/19 20:00 ] 棋士 | CM(77) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |


スポンサーリンク

コメント一覧
  1. 2021/12/19 (日) 20:01:20
    地定
  2. 2021/12/19 (日) 20:04:01
    天国にはいないよね
  3. 2021/12/19 (日) 20:05:39
    電王戦を始めた米長さんが亡くなってもう9年か
  4. 2021/12/19 (日) 20:06:23
    タイトルからコメ欄が予測できるな
  5. 2021/12/19 (日) 20:07:11
    米長は煉獄定期
  6. 2021/12/19 (日) 20:08:09
    天国……?
  7. 2021/12/19 (日) 20:08:30
    電王戦の先見の明は凄いよね。
    藤井四冠だってPonanzaの影響受けてる訳だし
    囲碁は盛り上がる暇も無くGoogleが全部かっさらってしまった
  8. 2021/12/19 (日) 20:12:12
    ※7
    日本人棋士がソフト戦やらないから話題にならないけど
    中国では続々挑戦者が出てきて盛り上がってたみたいよ
  9. 2021/12/19 (日) 20:19:30
    天国にはいないだろうが地獄にもいなさそうなんだよな
  10. 2021/12/19 (日) 20:20:13
    AIから逃げた腰抜けの羽生とは違って真の漢だったな
  11. 2021/12/19 (日) 20:25:49
    あの師匠「太地!もう一度タイトルの勇姿を見せてくれ!頼むぞ」
  12. 2021/12/19 (日) 20:32:16
    ※9
    ひふみんのすぐ隣にいて今か今かと待ち伏せしているイメージ
  13. 2021/12/19 (日) 20:34:59
    会長でなくてもいいから、もう少し生きて藤井の将棋の解説をやって欲しかった
  14. 2021/12/19 (日) 20:36:13
    米長会長が生きていたならあの事件をうまく処理してくれただろうに
  15. 2021/12/19 (日) 20:37:30
    天国みたいな生温い所にいないだろ。
  16. 2021/12/19 (日) 20:37:54
    満場一致で天国に行ってそうな棋士は村山しかいないのでは?
  17. 2021/12/19 (日) 20:40:19
    村山は康光を見下してたから天国には行けないよ
  18. 2021/12/19 (日) 20:41:45
    人を見下してるってだけで天国行けなかったら地獄が人であふれかえるでw
  19. 2021/12/19 (日) 20:42:28
    地獄からも天国からも追い出される男
  20. 2021/12/19 (日) 20:43:10
    天国でも地獄でもなく身を清めるために煉獄にとどまってるよ
    清まらないから煉獄漬け中だけど
  21. 2021/12/19 (日) 20:43:20
    太地は天国と地獄を行き来している師匠のいろんな伝説どう思っとるんやろ
  22. 2021/12/19 (日) 20:44:37
    天国でも地獄でもどっちゃでもええやないか
  23. 2021/12/19 (日) 20:48:51
    もしかして現竜王は米長の生まれ変わりなのでは?(錯乱)
  24. 2021/12/19 (日) 20:52:59
    中村太地
    「私の棋譜を見終えた師匠はすごく深刻そうな顔をされたのです。
    私に向かって『この将棋はどうだったと思う?』
    と質問を突きつけられてドキッとしました」

    「そのとき自分が何と答えたのかは覚えていませんが
    『君の将棋は平社員のような指し方だ。
    もっと社長のような将棋を指すようにしなさい』といわれたのです。
    師匠のおっしゃりたいことは何となく分かったつもりでしたが、
    理解していないことまでも見抜かれたようでして
    『お父さんに相談して考えてみなさい。
    理解できたら文章で提出しなさい』といわれました」
  25. 2021/12/19 (日) 20:56:04
    太地はタイトルを失って以来ずっと平社員のような将棋を指している
  26. 2021/12/19 (日) 21:08:56
    うん、意味不明
    野球の長嶋みたいだな
  27. 2021/12/19 (日) 21:09:23
    ※10
    そもそも対局料7億とか言い出したのが米長だし…
  28. 2021/12/19 (日) 21:10:22
    派遣社員のような将棋になるまでは大丈夫
  29. 2021/12/19 (日) 21:19:17
    桐谷さんの婚約者を愛人にした話聞いてからイメージ悪くなってしまった
  30. 2021/12/19 (日) 21:21:47
    米長邦雄は、升田幸三が引退してから、一番人気がありました。四冠王になったころは、さわやか流ではなく、泥沼流と言われてましたが。タイトル戦の就位式に愛人を呼んだり、『将棋世界』で美女対談をやったりと、今ではあまりいない類型の棋士でしたね。子どもの頃、ファンだったので、沢山本を買って読みましたが、ナンパの仕方とか、愛人の話とか、株の話が出てきて、驚いた記憶があります。
    社長のような将棋ではなく、〇〇〇〇〇が立った将棋というびっくりな表現もありました。
  31. 2021/12/19 (日) 21:21:59
    下半身の話なんて枚挙に暇がないよ
    乾く暇もないくらい忙しかったし
  32. 2021/12/19 (日) 21:22:49
    その師匠に正座して下さいと言った永世棋聖資格保持者が怪鳥なワケで?
  33. 2021/12/19 (日) 21:23:45
    日本のあの世には煉獄なんてないよ地獄と極楽があるだけ
  34. 2021/12/19 (日) 21:25:38
    米長先生と初めてまともに話をしたのは、僕が竜王戦に初出場した2004年の年末だった。
    シリーズは3対3か2対3という状況だったはず。
    先生がまだ会長になる前で、もし会長になれたらこんな事をしたい、
    という構想を数名の棋士の前で語る、そんな食事会だった。
    店を出て駅に向かう途中、酔っ払いのおじさんに
    「おお、将棋の米長さんじゃないの?」と話しかけられる姿を見て
    「自分もこれくらい有名になりたい。竜王になるぞ」と思ったものだ。

    先生が会長になってからはスポンサーへのご挨拶や宴席にお伴する機会も増えた。
    知識は多岐にわたり、どんな話題でも合わせられるのはすごかったし、
    会長ってのはこういうもんだ、見て覚えろとその背中が言っているようだった。

    いつも明るくユーモアがある先生で、いつだったか、
    年配の方に差し上げる色紙に「余性」と書かれた。
    その色紙は別にいらないけど、その隣にあった左馬は素晴らしい字で、
    自分も欲しいと思った。いつかもらおう、いつでももらえる、と思っていたのだが。
    改めてご冥福をお祈り致します。
  35. 2021/12/19 (日) 21:27:56
    米長は老いて益々有り余る性を満喫していたからな
  36. 2021/12/19 (日) 21:30:09
    「余生」じゃないのが米長流
  37. 2021/12/19 (日) 21:31:01
    米長の解説で一番印象に残ってるのは相手の爪の話
    爪が真っ白=力んで考えてる=自分が有利っつー観察眼と勝負術に感心したもんだ
    そりゃ色事もお政治も自在だわな
  38. 2021/12/19 (日) 21:35:18
    色紙に『余性』は令和じゃ書けなさそうだなw
  39. 2021/12/19 (日) 21:37:11
    ナベは米長のエッセイにもちょこちょこ出てきてたし可愛がられてたな
  40. 2021/12/19 (日) 21:38:40
    「余性」のために前立腺がんを切らなかったのが、寿命を縮めたと言われてますよね。
    問題は多かったけど、それだけ魅力的な人でもあったと思います。
  41. 2021/12/19 (日) 21:40:29
    地獄の閻魔大王は大山に将棋で負けてパシリやらされてるから米長の相手してる暇無いんすよ
  42. 2021/12/19 (日) 21:40:33
    これはボンクラーズとの対戦時の写真ですね。

    米長さんは、ボンクラーズに代わって着手する役割として、弟子の太地さんを指名した。
    「われ敗れたり コンピュータ棋戦のすべてを語る」に詳細な理由が書いてあったと思うが、
    誰でもいいというわけでは全くないのである、と。
    ・将棋をよく知るものであること
    ・対局相手として、こちらが真剣に将棋に向かいあえる、そうした相手であること
    ・一方で、その存在が気になり過ぎるような者ではないこと
    といった理由だったと思う(記憶を頼りに書いているので、正確ではないかも)

    要するに、一言でいうと、「棋士の中で一番信頼できる者」に、その役目を果たして貰いたい、
    たまたま自分の弟子であったが、そういうことだ、
    という師匠の言葉が私には大変印象に残っている。

    9年ですか、早いものですね。
    中村さんの益々のご活躍を祈っています。
  43. 2021/12/19 (日) 22:05:38
    大山はコネで極楽浄土を満喫してる定期
  44. 2021/12/19 (日) 22:09:11
    あの羽生渡辺のNHK杯決勝の伝説の金合いで
    ラジオでの解説が米長とハッシーだったんだよな
    最終盤の掛け合いがすごく面白かった解説
    その年の12月に亡くなるとは思ってなかったなあ
  45. 2021/12/19 (日) 22:12:12
    地獄定期
  46. 2021/12/19 (日) 22:19:15
    米長は地獄っていつも言われるけど、升田幸三は、天国は乃木将軍みたいな真面目な人ばかりだからつまらなく、地獄の方が面白いと言っていましたがね。升田はいつも「麦長君」と言っていたが、米長は升田には全勝だったのが不思議。
  47. 2021/12/19 (日) 22:30:49
    天道
    人間道
    修羅道
    畜生道
    餓鬼道
    米長道
  48. 2021/12/19 (日) 22:32:37
    米長は一度も郷田に勝てなかったけど、顔を見ると興奮するかららしい
  49. 2021/12/19 (日) 22:36:49
    人間道より下は全部米長道のような気がしてきた
  50. 2021/12/19 (日) 22:54:27
    今の正しい世の中じゃ米長みたいなめっちゃおもろくてめっちゃ酷い人は育たないだろな
  51. 2021/12/19 (日) 22:55:41
    はよ師匠に顔向けできるくらいの成績残せ
  52. 2021/12/19 (日) 22:57:08
    人間的魅力がなかったというのは流石に無理があるよね
  53. 2021/12/19 (日) 23:15:11
    米長のいる地獄は退屈とは無縁だろうな
  54. 2021/12/19 (日) 23:22:12
    ※52
    羽生よりよっぽど魅力あるわな
  55. 2021/12/19 (日) 23:25:28
    師匠への毀誉褒貶はともかく、中村太地は本気で師匠を敬愛していることがよく分かる。
  56. 2021/12/19 (日) 23:43:36
    まず、とんでもない方でした。天才の中の天才の中の天災。
  57. 2021/12/19 (日) 23:56:07
    米長哲学など米長が世間に披露してる人生観や勝負哲学は
    基本的に自分の行動を正当化するために作られてるから
    あまり間に受けない方がいい
    米長が生まれ変わったら多分全然違うこと言ってる
  58. 2021/12/20 (月) 00:01:13
    太地は師弟戦には出られないわけか
    将来のために弟子取ったらいいけど
    まずは結婚からだな
  59. 2021/12/20 (月) 00:16:22
    ※29
    あれ酷い話ではあるけど、桐谷さんの婚約者だったというその女性もお金目当ての夜の蝶って感じで、それに惹かれる桐谷さんもアレだし、登場人物全員ロクでもなかったなという印象
  60. 2021/12/20 (月) 00:39:26
    天国にいるとは言ってないんだよなぁ
  61. 2021/12/20 (月) 00:48:54
    59
    そうなのかw
  62. 2021/12/20 (月) 02:17:59
    ※17
    近代将棋1998年11月号、読売新聞の西條耕一さんの「普段着の棋士たち 関東編」より
    村山八段死去の知らせを聞いた
    別件の取材で佐藤名人もいた。何か話しかけられたが、うわ言のようだった。今春のA級順位戦最終局の後、佐藤と二人で未明まで飲んだ。村山の今期休場を聞いた佐藤は「村山君には一度も本気を出してもらったことなかったよ」とつぶやいた。二人ともかなり酔っていた。私がどういう意味かと尋ねると「素人には分かりません」といかにも彼らしく、突き放した答が返ってきた。村山は羽生を認めていたが、佐藤を認めていなかったのだろうか。悔しそうな顔だった佐藤が、急に声を荒げたので今でもよく覚えている。


    見下してたというより認めてなかったという感じだろうな
  63. 2021/12/20 (月) 02:26:19
  64. 2021/12/20 (月) 02:47:08
    桐谷さんと林葉さんで対談してもらいましょう
  65. 2021/12/20 (月) 03:58:24
    >>桐谷さんと林葉さんで

    石橋さんも
  66. 2021/12/20 (月) 04:55:22
    でも村山・康光は、通算対戦成績5勝5敗のちょうど五分だね

    まあ本気出してたか(体の負担を顧みずに無理して指したか)は、それこそ素人には分からないが
  67. 2021/12/20 (月) 06:19:32
    藤井竜王極楽の師匠について語らず
  68. 2021/12/20 (月) 06:59:19
    天国でも地獄でもないあの世で良い

    これがなろうなら記憶を持ったまま転生して太地の弟子となり藤井を倒す

  69. 2021/12/20 (月) 07:04:57
    天国か地獄でいつまでも語り継いでもらいたい・・・
  70. 2021/12/20 (月) 07:38:41
    閻魔さんが死んだのと一緒で
    行き場が無くなっちゃった
  71. 2021/12/20 (月) 08:13:48
    久々の地獄定期スレ
  72. 2021/12/20 (月) 09:14:58
    1コメがもう米長は地獄定期じゃなくて地定まで短縮されてるのが草
  73. 2021/12/20 (月) 12:50:57
    お世辞にも人格者とは言えないけど、やっぱり人間的魅力にあふれたお人だったよ。
    会長としても有能だったし、もう少し生きていて欲しかったなあ
  74. 2021/12/20 (月) 14:58:36
    米長先生の到達された天国は病気も戦争も喧嘩もなく食べ物に不自由しない
    一日中ゴルフや麻雀をしたり温泉につかって過ごして構わない
    ただ女色は一切無しだったりして

    それでは地獄と同じか
  75. 2021/12/20 (月) 18:46:10
    ドラゴンボールであの世天下一武道会というのがあったが、本当にあの世であの世名人戦があったら凄いことになりそう。江戸時代の歴代名人や天野宗歩、木村、大山、升田、塚田、米長、村山と実力者が勢ぞろいだ。
  76. 2021/12/20 (月) 18:54:23
    脳ミソとイチモツだけで生きていた人とか評されててそりゃ何でも酷いと当時は思ったが
    色々なエピソードを聞いているうちになるほどとか納得してしまったのも事実
  77. 2021/12/20 (月) 22:40:01
    王位中村くん
コメントの投稿
  

  


  

 ※禁止ワード「http://」 URLを書き込む場合、「ttp://」でお願いします。