渡辺明三冠が語る、藤井聡太七段の強さ「読みのスピードが突出している」 ~ 2ch名人

i2chmeijinad.png

渡辺明三冠が語る、藤井聡太七段の強さ「読みのスピードが突出している」



397:名無し名人 (ササクッテロ Sp87-CUjD [126.35.154.23]): 2020/06/10(水) 09:40:23.28 ID:TTChN5Pup
ナベって本当に頭の良いんだなぁって
喋り方とか文章で感じる
流石に敗戦後のインタビューは頭回ってなかった感じ


天才の考え方 (単行本)
渡辺 明
中央公論新社
2020-04-18

[ 2020/06/10 14:00 ] 棋士 | CM(38) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |


スポンサーリンク

コメント一覧
  1. 2020/06/10 (水) 14:03:06
    逆に言えば読み以外は駄目という事
  2. 2020/06/10 (水) 14:16:52
    ある命題について逆と裏の真偽はそれぞれ一致するとは限らない定期
  3. 2020/06/10 (水) 14:17:49
    Webの記事には勿体ないほど練られた文章だなって思って出典見たら書籍の再編集だった
  4. 2020/06/10 (水) 14:19:23
    棋聖戦前に出した本の抜粋じゃねーか
    この頃は中盤のねじり合いでリードすれば寄せの計算速度負けてても押し切れると思ってたろうし簡潔な中にも余裕を伺えるコメントだ
  5. 2020/06/10 (水) 14:24:56
    管理人も暇だな
  6. 2020/06/10 (水) 14:26:34
    >>1
    へそ曲がりニート乙
  7. 2020/06/10 (水) 14:26:46
    感想戦観ていればわかるが、渡辺はボコボコにされていた。
    藤井がボソボソ話すから分かりづらいが、感想戦では棋譜以上に圧倒していた。
  8. 2020/06/10 (水) 14:35:54
    逆に言えば、将棋以外はダメということ

    足がちょっと速いのと顔がかわいいのと勉強ができるのくらいしか取り柄がない
  9. 2020/06/10 (水) 14:37:20
    だから逆命題は必ずしも正しいとは限らないと何度言わせんだ?
  10. 2020/06/10 (水) 15:47:27
    >>8
    ツンデレかよ笑
  11. 2020/06/10 (水) 16:01:20
  12. 2020/06/10 (水) 16:10:17
    9
    ん?
    数学苦手な人か?
  13. 2020/06/10 (水) 16:20:12
    読みのスピードに関しては若さもあるからな
    単純な読みのスピードなら小学生のときが一番速い
  14. 2020/06/10 (水) 16:31:01
    藤井は照れ笑いなどの仕草が可愛いだけで顔はかわいくない
    南ちゃんみたいなもん
  15. 2020/06/10 (水) 16:54:28
    「藤井聡太は読みの速度が突出している」の対偶は「藤井聡太ではない棋士は読みの速度が平凡」
  16. 2020/06/10 (水) 17:03:05
    対偶は

    読みが平凡な棋士は藤井聡太七段じゃない、じゃない?
  17. 2020/06/10 (水) 18:01:58
    藤井聡太の恐ろしい組み立てを解説しよう
    本譜△65香に対して▲14歩〜22銀で勝ち(37の桂馬が効いていて詰まない奇跡の順)
    では△65香に変えて△67歩ならどうなっていたのだろうか、実はこれも藤井の勝ちである
    今度は14歩を入れず単に▲21銀が好手、逃げると詰むので△同飛の一手だが▲同金△同玉▲41飛車△12玉▲32金△18龍▲21飛車成△13玉▲11龍△12歩▲22龍△14玉▲12龍△13合▲15歩△同龍▲13龍△同玉▲15銀で後手受けなし、先手は詰まないので先手の勝ちである
    では△65香に対しても同じように攻めてはいけなかったのだろうか
    ダメである。後手に歩が2枚あると同じように進めたとき△13合のところで歩合が成立してしまう!
    歩以外の駒を合駒すると▲同龍△同玉▲15銀が必死になっている(その際37の桂馬が25歩を支えている事も重要)、しかし歩合ができると▲15銀に△14歩で受かってしまうのだ
    つまり△65香なら▲14歩から▲22銀で先手の勝ち(先手に香車を渡すと本譜のように香合が発生するので詰まない)、△67歩なら▲21銀から先手の勝ち(歩がたりないので合駒請求で高い駒を打たざるを得ず寄せ切られてしまう)
    後手の攻めで全く異なる寄せ方が必要になる非常に高度な攻防が繰り広げられていた
    あの短時間にどれだけの変化を読んでいたのか解説すら理解不能なほど高度な寄せ
    これが藤井将棋である
  18. 2020/06/10 (水) 18:11:32
    16
    おもしろいw
  19. 2020/06/10 (水) 18:13:08
    人権とか証拠主義についての理解は「頭のいい人」には絶対あり得ないレベル
  20. 2020/06/10 (水) 18:16:01
    感想戦で指して以外の読みの広さと深さに対局者が圧倒されるのは、最初のアベマの炎の七番勝負見たときからずっとそう
  21. 2020/06/10 (水) 18:22:44
    朝日杯渡辺戦の時も渡辺天彦という最強の2人相手に感想戦圧倒してみせたよな、当時は渡辺のリップサービスと思ったけど
    会うたびにそれ食らってりゃ杉本も永瀬もパワーアップするわな
  22. 2020/06/10 (水) 18:25:12
    他の棋士が雰囲気で形勢判断する段階から読み切ってるわ
    ミスも少ないから序盤中盤でリード取るしかない
  23. 2020/06/10 (水) 18:25:33
    ハッシーなんぞは、顔以外、取り柄無し。
  24. 2020/06/10 (水) 18:33:19
    藤井玉は渡辺玉の目前にまで到達し
    「どうだ、玉自らお前の首を取りに来たぞ」と言わんばかりの行進だった。
    渡辺もこれには肝を冷やして名人戦に専念することを決めただろう。
  25. 2020/06/10 (水) 18:37:11
    読みのスピードが人間離れしている。つまりソフト指し
    挑戦者変更!
  26. 2020/06/10 (水) 18:41:24
    大橋戦、先手だいぶ薄くなってきて後手は完全に安全なのに評価値は藤井優勢までいってるのね…
    まさか藤井の方から新手出してリードを奪うとは
  27. 2020/06/10 (水) 19:14:39
    >>ナベって本当に頭の良いんだなぁって

    日本語で話せks
  28. 2020/06/10 (水) 19:29:55
    いや、ほんと、渡辺の文章の説得力はずばぬけているな。
    客観性、分析力が素晴らしい。
    先崎のような文学的な文章がうまい人も大事だけど、渡辺の
    このような文章が読めるのは本当にありがたい。
  29. 2020/06/10 (水) 19:43:04
    おお、大橋が形勢戻しとる
    玉の薄い将棋は怖いなぁ
  30. 2020/06/10 (水) 19:54:11
    やけに殊勝だな。言いがかりつけた時はどう思ってたんだ?スマホ操作のスピードが突出してるとかか?
  31. 2020/06/10 (水) 20:01:29
    聡ちゃんが負けそう
    大橋さんはいつもすごく強い
  32. 2020/06/10 (水) 20:39:06
    >2000年4月に中学生棋士として15歳でプロデビューした。

    2000年4月の時は高校生だったろ
  33. 2020/06/10 (水) 20:47:23
    藤井さすがに精彩を欠くな
    これは仕方ない
  34. 2020/06/10 (水) 20:50:58
    突出したスピードをもってしても、二枚飛車を閉じ込められてはどうしようもない…
  35. 2020/06/10 (水) 20:53:32
    棋聖戦で無双してた藤井聡太と同一人物とは思えないほど今日は不出来だなぁ
  36. 2020/06/11 (木) 00:37:25
    30
    憮然として感想戦もそこそこに席を立ったって毎日の記者が記事書いてる
  37. 2020/06/11 (木) 16:43:05
    27
    一字まちがえただけでks呼ばわり どんだけ心狭いねん落ち着けよ
  38. 2020/06/12 (金) 02:02:25
    14
    南ちゃんの仕草とか笑顔は特に可愛いわけではない。
コメントの投稿
  

  


  

 ※禁止ワード「http://」 URLを書き込む場合、「ttp://」でお願いします。