心に残る先輩の言葉 芹沢博文九段「四段で喜んでいるヤツは、将棋連盟には要らねえ」 ~ 2ch名人

i2chmeijinad.png

心に残る先輩の言葉 芹沢博文九段「四段で喜んでいるヤツは、将棋連盟には要らねえ」



「観る将」もわかる将棋用語ガイド
青野 照市
創元社
売り上げランキング: 695,816
[ 2020/04/03 17:30 ] 棋士 | CM(69) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |


スポンサーリンク

コメント一覧
  1. 2020/04/03 (金) 17:31:53
    なるほどね。
  2. 2020/04/03 (金) 17:36:36
    自分は名人にはなれない、とプロ入り後に数回対局して悟って即座に辞めた人もいたな
  3. 2020/04/03 (金) 17:41:16
    聞いてるか?
  4. 2020/04/03 (金) 17:42:01
    余談ですが挑戦者変更して喜んでいるヤツは、将棋連盟には要らねえ
  5. 2020/04/03 (金) 17:42:50
    プロ入りがゴールじゃないよな
    大学入試と一緒だ
  6. 2020/04/03 (金) 17:44:33
    これはその通り。年間4人に絞ってるのは名人になる可能性の人材しか取らない
    という意思表示のようなことを先崎が言ってた
    でなければ、囲碁みたいにガバガバ昇段させたらいいんだけどね
  7. 2020/04/03 (金) 17:45:56
    ヅラシンや窪田の昇段の記を読むとめっちゃ喜んでるよね
  8. 2020/04/03 (金) 17:46:20
    弁護士使ってまでしてA級連続在籍記録のためしがみつているやつはいらねえ。
  9. 2020/04/03 (金) 17:46:56
    最近の四段はこの傾向が強いだろうな
    奨励会で散々苦労してようやくって人が多いから
    大橋や本田みたいに活躍してる人もいるけどさ
  10. 2020/04/03 (金) 17:49:25
    当時は三段リーグ無かったからな。
  11. 2020/04/03 (金) 17:49:36
    「俺は名人になれないんだなあ」
    と思ってから、生活が荒れた芹沢と真部
  12. 2020/04/03 (金) 17:50:20
    16歳でプロ入りしたのに、今年で10期目のC2を迎える棋士もいるもんな
  13. 2020/04/03 (金) 17:53:01
    途中でプロ編入したところでC2-C1程度を永遠にさまよう生物にしかなれないんだから編入制度はいらないよな
  14. 2020/04/03 (金) 17:53:27
    でも芹沢先生、タイトルの挑戦者にもなってないので説得力がちょっと・・・
  15. 2020/04/03 (金) 17:53:35
    不正をして喜んでいるハ ゲは、将棋連盟には要らねえ
  16. 2020/04/03 (金) 17:56:38
    ナベが言ってたら説得力あったんだが。芹沢ではなあ。。。
  17. 2020/04/03 (金) 17:58:35
    ※14
    羽生より阿部隆や先崎の方が才能あるとか言っちゃうような人だし
    説得力なんて皆無かと
  18. 2020/04/03 (金) 18:00:22
    見る目は勝又並みか?
  19. 2020/04/03 (金) 18:02:11
    盤外工作するかめは棋界にいらない
  20. 2020/04/03 (金) 18:02:26
    ※16
    不正をするようなヤツが説得力あるわけないだろ
    一番説得力ないわ
  21. 2020/04/03 (金) 18:05:35
    昇段できなさそうな相手なら対局相手変更したらいいからなw
  22. 2020/04/03 (金) 18:06:08
    年度勝率ベスト30
    1 中原 誠 0.8545 47 08 1967
    2 中村太地 0.8511 40 07 2011
    3 藤井聡太 0.8491 45 08 2018
    4 大山康晴 0.8438 27 05 1941
    5 羽生善治 0.8364 46 09 1995
    6 藤井聡太 0.8356 61 12 2017
    6 木村一基 0.8356 61 12 2001
    8 桐山清澄 0.8261 38 08 1968
    9 近藤正和 0.8222 37 08 2004
    10 中原 誠 0.8205 32 07 1966
    11 羽生善治 0.8197 50 11 1987
    12 大内延介 0.8182 27 06 1966
    13 藤井聡太 0.8159 53 12 2019
    14 久保利明 0.8095 34 08 1994
    15 芹沢博文 0.8065 25 06 1960
    16 深浦康市 0.8000 44 11 1994
    16 羽生善治 0.8000 64 16 1988
    16 永瀬拓矢 0.8000 36 09 2018
    16 渡辺 明 0.8000 40 10 2018
    20 森内俊之 0.7975 63 16 1991
    21 丸山忠久 0.7969 51 13 1994
    22 木村一基 0.7966 47 12 1999
    23 菅井竜也 0.7963 43 11 2014
    24 佐藤天彦 0.7955 35 09 2010
    25 大山康晴 0.7941 27 07 1961
    26 大橋貴洸 0.7931 46 12 2017
    27 山崎隆之 0.7925 42 11 2004
    28 森安秀光 0.7925 42 11 1977
    29 佐藤紳哉 0.7872 37 10 2005
    30 永瀬拓矢 0.7857 44 12 2012
    30 福崎文吾 0.7857 33 09 1979
  23. 2020/04/03 (金) 18:06:22
    関係ないとは思うが、囲碁の一力八段が河北新報社に囲碁棋士兼業で入社したのを同じ兼業の星野四段とからめてネタにして欲しい。
    (一力八段は実家の家業ではあるが。)
  24. 2020/04/03 (金) 18:08:12
    対局中に守衛室に遊びに行く棋士のほうが
    アカンな。
  25. 2020/04/03 (金) 18:08:48
    三段リーグっていうのは、言ってみれば、
    志望大学合格の為に、予備校で競い合ってるようなものだと思うの。
    だから、リーグ突破=大学合格と言えるので、全力で喜んでもいいと思うの。

    でも、そこからどういう目標を立てて現実的に進んでいくかが問われるので、
    喜んでばかりで浮かれてる人はいらないって事なら、同意するです。

    四段は奨励会三段より弱い、なんて言われるのも、合格して安堵して気が抜ける時期と、
    今まさに瀬戸際で猛勉強してる人間とじゃ、そりゃその瞬間は差がつきますよね。
    んでも、元々合格する能力はある訳で、また同じラインに立ったら、
    先に合格した実力の分、また差をつけ返すと思うのです。例外はありますが。
  26. 2020/04/03 (金) 18:09:03
    順位戦4期連続昇級
    ・加藤一二三
    ・芹沢博文
    ・中原 誠
    ・谷川浩司
    ・田中寅彦

    3期連続昇級(C1→A)
    ・高橋道雄
    ・先崎 学
    ・三浦弘之

    3期連続昇級(C2→B1)
    ・二上達也
    ・内藤國雄
    ・福崎文吾
  27. 2020/04/03 (金) 18:09:38
    青野こそ将棋連盟には要らねえ
  28. 2020/04/03 (金) 18:09:53
    > テレビタレントとして

    芹沢先生の最大の貢献はこれよな
    将棋の棋士という(一般層には)顔の見えない『謎の商売』の人が
    お茶の間の人たちにも存在が見えるようになったのは計り知れない功績だったと思う

    北島三郎とか山城新伍のような大物芸能人、田中角栄のような大物政治家とともつきあいがあって
    「あ、将棋の棋士ってのはこういう人たちと対等の存在なのか」って印象づけたのは大きいと思う

    今は居ないよなぁ、そういう棋士
  29. 2020/04/03 (金) 18:16:19
    四段はひとつの到達点ではあるけど、
    そこから数年でフリークラス落ちするようじゃ情けないもんな
  30. 2020/04/03 (金) 18:17:16
    ※28
    あえて言うなら羽生さんや藤井聡太が知名度はあるけれど
    ニュースやバラエティにコメンテーターとして出てトークして面白いタイプじゃないし
    出ないだろうしね

    中村太地はちょっとだけキャスターの真似事やってたがマジメすぎるし遊び人っぽさが足りない
    将棋界、話の面白い人は何人かいるんだけど、ちょっと派手さが足りないしなぁ
  31. 2020/04/03 (金) 18:21:48
    ※17
    まあ羽生さんは、つかみどころのない「新人類」っぽい感じが当時はしてただろうしね

    阿部隆や先崎は古い意味での将棋指し、無頼の勝負師っぽい感じはあっただろうから
    芹沢の経験則からして過去の大物に近いイメージを持ったんだろうな

    だが時代はそういうタイプから研究肌タイプへの転換期だったわけで
  32. 2020/04/03 (金) 18:22:58
    口八丁
    筆八丁
    将棋は二流だけど
  33. 2020/04/03 (金) 18:28:28
    芹沢先生は「飲む打つ買う」の無頼な遊び人イメージだったけど、
    実は愛妻家だったことがバレてたし
    ある程度「演じて」たんだろうなぁ、棋士タレント芹沢としてのイメージ作りで

    文章もね、ファンに「期待される芹沢節」を期待通りに書いてたのだろうと思う
    会長(大山康晴)と仲が悪かったのも、ある種両者合意のプロレス的ブックだったんだろうなと
  34. 2020/04/03 (金) 18:32:34
    ※33
    大山も芹沢も、プロ将棋は興行だとちゃんと理解して実践してたタイプだったからな
    記者などの質問にも、どういうスタンスを望まれてるか解ってて答えてた感が強い
  35. 2020/04/03 (金) 18:39:52
    大山は本当は自分が将棋界のフロントマンを(使命感として)やりたかったのだろうけど
    見た目がいかにも木強朴訥な田舎者って解ってただろうし、
    派手さと若さとのあるコミュおばけの芹沢に任せてたんだろう

    中身は意外と大山も洒落たところのある人だったけどね
  36. 2020/04/03 (金) 18:44:19
    ※35
    少し上の同時代には
    升田幸三という「いかにも」って感じの風貌でしゃべりも強いタレント性抜群の面白い人が居たからね
  37. 2020/04/03 (金) 18:44:26
    芹沢は良い棋士だと思うけど才能なら中原と同格の下りはただの負け惜しみ
    結果出せなきゃそれが実力
  38. 2020/04/03 (金) 19:06:51
    実績的にも言動的にも橋本崇載クラスの棋士でしょ
  39. 2020/04/03 (金) 19:17:34
    予断で動く奴は将棋連盟には要らねえ
  40. 2020/04/03 (金) 19:28:29
    この人はいつも中原のこと持ち出して話しをしていたと思う。
    タイトル戦に出た記憶は無いのだが、身を持ち崩して早死にしたわな。
  41. 2020/04/03 (金) 19:44:10
    大山会長はナゼ米長さんを嫌っていたんでしょうか?
  42. 2020/04/03 (金) 20:22:29
    地獄定期
  43. 2020/04/03 (金) 20:25:46
    >>30
    大介くらいだけど見た目が棋士じゃないよなぁw
  44. 2020/04/03 (金) 20:29:17
    まあ将棋指しになるような人は、自分は名人に成れる。最悪でもタイトル位取れると思って将棋指しになるだろうし、またそう思ってプロなってほしいから、自分の才能にたいして評価が甘めなのは仕方ないし、
    当代の第一人者に敵愾心や執着心を持つのも結構だと思う。

    努力や幸運をも含めた結果は残酷なまでに下るわけで、
    結果としてノンタイトルで今となっては覚えている人も少ないという結果はあるにせよ。
  45. 2020/04/03 (金) 20:40:55
    こいつは口だけの凡人にすぎない
  46. 2020/04/03 (金) 20:45:07
    青野ほどくずな理事はいなかった
  47. 2020/04/03 (金) 20:45:09
    ロクに研究もしないぬるい時代の人間の言葉じゃん。
    今の時代にこいつがいたら奨励会で終わってただろ。
  48. 2020/04/03 (金) 20:56:45
    芹沢は名人にはなれんかったけど
    名プロモーターではあったんだよなあ
  49. 2020/04/03 (金) 20:58:54
    国技館で第1回の将棋の日をやったのはいいが、それで連盟に多額の借金を残して理事を半ばクビになった
  50. 2020/04/03 (金) 21:01:40
    ※8
    もしかして三浦のこと言ってるつもりなら無知にもほどがあるぞ
  51. 2020/04/03 (金) 21:06:12
    灰色だから黒じゃねえと言うやつは連盟にいらねえ
  52. 2020/04/03 (金) 21:17:14
    ※13
    プロ編入制度は「プロより強いアマはプロにしてしまえばいい」という思想に基づく
  53. 2020/04/03 (金) 21:27:10
    三段リーグある今には響いてこない言葉ですね、昔の人の言葉って感じ、それが時間の流れだから仕方ないね
  54. 2020/04/03 (金) 21:36:48
    阿部さんは今でこそアレだけど、昔は手が綺麗な棋士の筆頭だった。
    芹沢先生は本格派が好き。
  55. 2020/04/03 (金) 21:36:52
    未だにガタガタ言っている渡辺厨はいらないね。
    渡辺も早く将棋界から消えてくれ。
    将棋を見ていて不愉快にさせる存在。
  56. 2020/04/03 (金) 22:09:49
    序盤から本筋の手を指す棋士を好んだ人だった
    若き日の036先生とかは序盤ヘタだし筋に囚われない手を指すから人格批判まがいのこきおろされかただったな
  57. 2020/04/03 (金) 22:29:36
    芹沢の後継者が先崎
    実績でライバルに差をつけられてもあーだこーだ言い訳してプライドを守っていただけ
    典型的な小物
  58. 2020/04/04 (土) 00:23:29
    未だに鍋と無関係の所でガタガタ言ってる三浦のバイトは消えてくれ
    藤井ブームで勃興した将棋人気に冷や水ぶっかけてて迷惑
  59. 2020/04/04 (土) 00:27:52
    今の三段リーグ抜けたらそりゃ嬉しいだろうよ
    当時のぬるま湯とは違うから一概に当時の言葉は適用できんね
  60. 2020/04/04 (土) 01:58:58
    芹沢に大金を貸していた将棋ファンが大山と升田の対局を生で見たいと言った

    芹沢は借金の返済が遅れている手前断れず、大山升田に無断で二人の対局室にファンを連れていった

    大山は普段、芹沢と仲が悪いがこの時はファンにこちらに来なさいと声をかけてもてなした
    升田も文句を言わずにファンと芹沢の闖入を許した

    喧嘩ばかりしていたが、本当に困ったときはなんだかんだで助け合った昭和の棋士たち
  61. 2020/04/04 (土) 02:49:59
    ※6
    それが問題になったから囲碁でも今はリーグ戦入りやタイトル挑戦/獲得、棋戦優勝などのまともな実績がなければ高段に上がれなくなった
  62. 2020/04/04 (土) 05:59:35
    アイアイゲーム、見てました!
  63. 2020/04/04 (土) 11:33:20
    ※60
    大山、升田というトップの2人が
    俺たち将棋指しは「興行屋」だとちゃんと解ってたのが良いよね

    タニマチ(スポンサー)大事、後援者大事、顧客大事
    それが芹沢の個人スポンサーであっても
    いつかは将棋界のスポンサー、または贔屓に、あるいは将棋界の宣伝をしてくれる人
    になってくれるだろうという布石だよね
  64. 2020/04/04 (土) 13:18:50
    ※58ブーメラン刺さってんだよなあ…
  65. 2020/04/04 (土) 13:32:33
    米長と似たようなものだが、先に生まれた分だけ悪い手本として米長の役に立った
  66. 2020/04/04 (土) 13:38:17
    対局中にスマホ持って守衛室で一人籠城しないと対局に勝てないやつは将棋連盟にいらねえ
  67. 2020/04/04 (土) 14:32:18
    芹澤さんは、昭和50年代ころに将棋と関係ない本を何冊も出しているけど、面白いよ。子どもだったのでわからなかったが、ウィスキーを冷凍庫に入れて飲むとか、アル中の禁断症状とか、なかなか刺激的なことが書いてあった。確か、高柳師匠が、芹澤に新聞の将棋欄の切り抜きを命じて、しぶしぶやっていたという話があった。あるとき師匠がそれを燃やしているのを見て、あれは自分のためだったのかと気づいたくだりなどは、子弟の愛情が感じられた。
    それに観戦記が上手で、「鴨」というペンネームを使用していた。棋聖戦の1ヵ月観戦記や中原の偉大なる愚手(棋王戦で加藤相手に全冠制覇を失敗)など、今の人にはなかなかない味のある文章だった。
  68. 2020/04/05 (日) 10:29:36
    40代でタイトル獲ったオジサンも居るんだから、挫けず頑張ってほしい
  69. 2020/04/05 (日) 12:55:04
    米長は頭おかしいやつだけど強くなるために若手に頭下げられるくらい将棋にストイックな面もあったから芹沢とは全然違うよ
コメントの投稿
  

  


  

 ※禁止ワード「http://」 URLを書き込む場合、「ttp://」でお願いします。