【王座戦】対羽生戦で勝利経験がある横歩取りに ~ 2ch名人

i2chmeijinad.png

【王座戦】対羽生戦で勝利経験がある横歩取りに

戦型は横歩取りに

第1局は矢倉、第2局は角換わり。本局は横歩取りになった。公式戦では1000局以上指されている局面。図は▲2六飛と羽生王座が飛車を寄った局面。ここは△2二銀と受けるところだ。 どこで、どちらが新機軸を見せてくれるのだろうか。

930-01.png
http://kifulog.shogi.or.jp/ouza/2014/09/post-af9b.html
王座戦中継サイト
http://live.shogi.or.jp/ouza/



第62期王座戦五番勝負 第3局 羽生善治王座 対 豊島将之七段
http://live.shogi.or.jp/ouza/kifu/62/ouza201409300101.html


157:名無し名人:2014/09/30(火) 09:07:18.10 ID:YwoeKdAj.net
横歩なのか


168:名無し名人:2014/09/30(火) 09:19:35.33 ID:ho2otK/0.net
豊島の対羽生2勝は横歩


160:名無し名人:2014/09/30(火) 09:12:19.15 ID:ALiKGCzm.net
横歩で豊島に勝ってないので、ここで勝っとけばあとは屋敷山崎コースって事か


164:名無し名人:2014/09/30(火) 09:16:37.05 ID:C97Yaza9.net
羽生の先手横歩に誘導するとは・・・豊島やるじゃないか
最近5年の勝率・・・21勝4敗(0.84)


171:名無し名人:2014/09/30(火) 09:21:22.29 ID:C97Yaza9.net
羽生の先手横歩は、対振り居飛車穴熊の次に勝ちまくってるイメージある


210:名無し名人:2014/09/30(火) 10:08:08.43 ID:Nq0oAIBu.net
>>171
羽生の先手番戦型別成績
対振り飛車_ 181勝46敗(.7974)
矢倉____179勝51敗(.7783)
横歩____93勝27敗(.7750)
振り飛車__ 37勝11敗(.7708)
角換り___ 109勝34敗(.7622)
相掛り___ 53勝21敗(.7162)
その他___ 39勝11敗(.7800)


176:名無し名人:2014/09/30(火) 09:24:43.98 ID:mD9Nmese.net
将棋素人だけど、なんでこういう定跡形で時間使うのかいつも疑問だ
横歩になったらこう指そうとか事前に決めてないの?


180:名無し名人:2014/09/30(火) 09:27:18.82 ID:iqCMRhth.net
>>176
そんなことは素人じゃなくてもみんな思ってる。


184:名無し名人:2014/09/30(火) 09:29:21.65 ID:P9ycRJrB.net
羽生の通算勝率が1厘upしてるな


188:名無し名人:2014/09/30(火) 09:32:47.91 ID:t91QPrpo.net
豊島酷い成績だな
期待はずれにもホドがあるわ


212:名無し名人:2014/09/30(火) 10:10:11.66 ID:Nq0oAIBu.net
羽生の場合は先手番で飛車振ろうが、矢倉、横歩にしようが勝率的には大差なし
まあ、終盤で勝負する人なんで、作戦負けしない限り、
序盤の戦型などどうでもいい棋士なんだよな。


http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/bgame/1411684762/
横歩取りマップ (マイナビ将棋BOOKS)
マイナビ (2013-12-13)
売り上げランキング: 39,639
[ 2014/09/30 10:35 ] 王座戦 | CM(27) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |


スポンサーリンク

コメント一覧
  1. 2014/09/30 (火) 10:48:29
    いや…どうでもよくはないだろww
  2. 2014/09/30 (火) 10:52:52
    霊獣を出せ

    霊獣を
  3. 2014/09/30 (火) 11:11:14
    >まあ、終盤で勝負する人なんで、作戦負けしない限り、
    > 序盤の戦型などどうでもいい棋士なんだよな。


    現代将棋で「序盤はどうでもいい」なんて姿勢だったら、羽生はもうとっくに落ちぶれてるよ
    多くの棋士にとって、毎日欠かさず研究を続けて、ようやく公式戦で互角の序盤戦を展開できる
    横歩や矢倉や角換わりなどは、最新研究に精通していないと、いかに終盤力が優れていようとどうしようもない局面になる

    アマだと適当に指してても感覚だけで作戦勝ちになったりするかもしれないが、プロ対プロでは、序盤をしっかり研究していないとほぼ間違いなく作戦負けになる
    「作戦負けをしない限り」というハードル自体、アマが想像するよりもとんでもなく高くなってるのが現代将棋なのよ
    羽生がほとんどの戦型で勝率が高いのは、終盤力が高いのが第一前提ではなく、その途方もなく広範囲な序盤技術の研究と研鑽の結果だよ
  4. 2014/09/30 (火) 11:13:04
    羽生、今期勝率0.821で四冠って、どんだけたるんでるんだよ。
    全盛期にはおよばないな。
  5. 2014/09/30 (火) 11:15:02
    (カメラを向けるとポーズを決めてくれました。現地大盤解説を務める藤井九段)
  6. 2014/09/30 (火) 11:20:22
    羽生は序盤研究に定評がある長岡を直接指名してるからな
    イメ読みでも羽生は序盤と終盤どちらが大切かと聞かれて序盤と即答するくらいだしね
  7. 2014/09/30 (火) 11:40:40
    「序盤はどうでもいい」はないと思うが、「戦形はどうでもいい」と思っているのかな?
    たとえば、この人相手にこれは避けておこうとか、さしもの羽生でも思うことはあるの
    だろうか?
  8. 2014/09/30 (火) 11:41:25
    羽生は戦型にさほどこだわらないと言ってるだけで、序盤は適当に指すって意味じゃないだろw
  9. 2014/09/30 (火) 12:36:17
    左玉♂かもしれない
  10. 2014/09/30 (火) 12:46:27
    (カメラを向けると腕組みをして難しい表情の藤井九段。「ん? わざとらしいかな」と藤井九段の言葉に一同が笑顔に)
  11. 2014/09/30 (火) 12:50:13
    今日は藤井に七味がついている。
  12. 2014/09/30 (火) 12:51:30
    藤井かわいい
  13. 2014/09/30 (火) 12:55:54
    そもそも序盤に緊張感をもたらしたのが羽生本人。
    棋士全員で羽生著書「変わりゆく現代将棋」の第二章以降をやってるのが今。
  14. 2014/09/30 (火) 13:07:15
    王座戦の対羽生は対ソフトに似てるな
    序中盤でリードする事が絶対で互角で終盤入ったらまず勝てない
  15. 2014/09/30 (火) 13:14:32
    ※6
    あれは羽生自身が終盤力に絶対の自信があるから序盤でよくなったらもう負けないってことじゃないかな?
  16. 2014/09/30 (火) 13:18:57
    羽生四冠は序盤力と終盤力どちらが欲しいか(重要か)と聞かれたら、序盤と即答するぐらいだぞ
    ソースはイメトレ
  17. 2014/09/30 (火) 13:31:20
    羽生の風車戦法

    羽生のカニカニ銀
  18. 2014/09/30 (火) 13:58:30
    「終盤は誰が指しても同じ」と言えるぐらいの終盤力があってこその「序盤が重要」

    羽生さんの発言を常人に当てはめて考えても意味がないよ。「直感の7割は正しい」も然り。
  19. 2014/09/30 (火) 15:15:20
    「誰良しも優れた序盤知識。勝ちになったら絶対に逃さない終盤力。さて、あなたならどちらが欲しいですか。」という質問に対して、羽生は次のように答えた。

    羽生:「ふふふ(笑)。まあ、序盤ですよね。そこが一番工夫するところ、一番苦労するところですから。」(『イメージと読みの将棋観2』77頁)とした。

    なお、森内、渡辺、藤井は、終盤の力の方が絶対に欲しいと答えている。
  20. 2014/09/30 (火) 15:21:42
    *23の訂正

    「誰良しも優れた序盤知識」は、「誰よりも優れた序盤知識」に訂正します。
  21. 2014/09/30 (火) 15:50:33
    そりゃ「勝ちになったら絶対に逃さない終盤力」はもう持ってるもんな
  22. 2014/09/30 (火) 16:09:08
    羽生「直感の3割は正しくありません(汗)」
  23. 2014/09/30 (火) 16:20:03
    羽生は終盤力がすでにかなりあるからこそ序盤が重要って言ってるだけだと思うなぁ
    自分の苦手は終盤より序盤ですと言っているだけ
  24. 2014/09/30 (火) 17:03:02
    自分に不足してるものとして答えたのかこれで負けたら嫌なものを答えなのかでちょっと意味変わりそうだな
    羽生は序盤の作戦負けしちゃうのはつまらない(忙しすぎて対策を準備しきれないし)からこう答えてほかは序盤の作戦負けは準備不足だから仕方ないとして答えたのかもしれない
    まああくまで推測で語るしかないよな
  25. 2014/09/30 (火) 17:08:57
    序盤と終盤はすべてにあるが、中盤のない対局は稀にある。まあ、どれをもって中盤と定義するかは難しい問題だが。羽生は序盤に革命をもたらしたのではない。序盤の革命なら升田幸三が相応しい。羽生が貢献したのは序盤の意義を広く知らしめた事。序盤の価値を高めた事。序盤はある程度体系化されたとはいえ、まだ自由に指せる個性に左右される局面であり、詰みや寄せのある終盤の局面とは異なる処だ。指していて楽しいのは序盤である。終盤は答えを考えるテストの様な局面であり、序盤は自由な発想を許されるからである。藤井九段はその類い稀なる自由な発想によって数多の戦法を生み出してきた。ソフトは終盤だけでなく、既存の棋譜から序盤の指し手をもたらした。羽生はその化け物に凌駕されてしまうのでしょうか。
  26. 2014/09/30 (火) 17:47:06
    羽生は、あらゆる戦法を一定水準までに整理し、体系化したオルガナイザーではないか。その結晶が、『羽生の頭脳』であろう。

    しかし、序盤の革命家は、*29の言うように升田幸三や藤井猛ではないか。羽生自身も升田の創造性については言及している。羽生は、自らの名前の付いた戦法は未だ編み出せていない。

    羽生が終盤力よりも序盤だというのは、序盤の知識が大切だということだけを意味するのではない、と思う。棋戦以外の記録とは別に、将棋の歴史に自らの名前の付いた戦法を残したいという野望から出た発言ではないかと思う。
  27. 2014/09/30 (火) 20:45:32
    うるせい!
コメントの投稿
  

  


  

 ※禁止ワード「http://」 URLを書き込む場合、「ttp://」でお願いします。